小学生、中学生、高校生クラスの教育方法

 

1.小学生クラス

小学校での学習が中学、高校での理解力に大きく影響します。

中学校、高校で必要とされる基礎力を、各科目ごとに次のように身につけます。

国語:テキストのほか、多読や作文で論理的な推論能力、語彙力、作文構成力、長文読解能力をつけます。

算数:子供たちが苦手とする、抽象度の高い分野(割合・比・速さ、図形など)を理解する力を身につけます。

英語:目、耳、口、体全体のすべてをつかって英語に親しみ、中学英語につなげます。

理科・社会:中学校で余裕をもって授業に臨み得意科目にできるようにします。

 

2.中学生クラス

中学校での実力は、大学入試や就職試験の合否にまで直結します。

それを踏まえつつ、志望校合格のための実力を、着実に身につけます。

● 中間・期末試験対策:各学校の教科書や出題傾向に沿って対応します。

● 学力調査テスト対策:過去問や予想問題テキストを使って実力をつけます。

● 小学校での未消化部分を解消し、早い段階で確実な力にします。

● 学校や塾(通塾中)の授業の未消化を、週末をつかって解消します。

● 3を4にしたい、4を5にしたい!その他チャレンジグな個別目標に対応したサポートをします。

●「苦手科目」を「きらいじゃない科目」「好きな科目」にします。

● 得意科目をさらなる得点源にします。

●「何が理解できていないのか自分でもわからない」ーーわからないところを明確にし、克服します。

 

3.高校生クラス

全科目にわたりこれまでの知識の定着、思考力、論理力、推論能力が問われます。大学入試の問題は、どれも一気に難しくなるように感じられるかもしれません。(たとえば、英語長文問題等。)

小学校クラス・中学校クラスからの集大成が、高校クラスであり、大学受験です。

● 中間・期末試験対策:各学校の教科書や出題傾向に沿って対応します。(推薦入試対応。)

● 授業や塾での消化不良を解消し、大学入試に必要な基礎力をつけます。

● 主要国公立大学、早慶、上智、理科大等上位私立大学に合格可能な実力をつけます。

● 1、2年生のときから入試問題も取り入れ、早い段階から大学入試で得点源になる科目をつくります。

● 志望校の過去問を活用した勉強をします。

● 小論文対策:大学入試に必要な実力はもちろん、大学での授業や将来の就職、公務員試験にも対応できる力をつけます。

● 工業高校専門科目の教科学習の教育、サポートをします。

 

2014.05.10 ホームページ開設